結婚式に何を着て行く!?服装マナー基本のキ

ドレスは何色?露出はどこまで?

「白」は新婦の色ですから、結婚式に白のドレスを着ていくことは絶対にやめましょう。気をつけなければならないのが、クリーム色や薄いピンク色などの淡い色です。披露宴会場では気にならなくても、写真にうつると白に見えるかもしれません。黒いドレスを着るときは華やかさを出すためにバックやショールを明るい色にするといいですね。フォーマルな場では露出を避けることがマナーですので、短すぎる丈のスカートは避け、肩が出るデザインのドレスにはボレロやショールなど羽織ものを使うといいでしょう。

靴はかかとがあるものを

肌の露出を避けるという点から、つま先やが出ていたり、かかとの無い靴はタブーです。ミュールやつま先が出ているサンダルは避けてパンプスを選びましょう。同じ理由で生足も露出度が高く失礼にあたります。また黒のストッキングは喪服を連想するために結婚式には適していませんので、肌色に近いベージュのストッキングがいいですね。ブーツは一般的にカジュアルなものとみなされていて、履いていると非常識だと思われますのでやめましょう。

まだまだあります!気をつけること

結婚式の服装で気をつけることはまだあります。髪型はアップにするとフォーマル感が出るのでおすすめです。髪の毛をおろしたスタイルは、セットの仕方により「きちんとセットされていない」と思われてしまうかもしれません。またレザー(皮)やファー・フェイクファー(毛皮)が使用されているバッグ・靴やドレスを身に着けることは避けたほうがいいですね。これらは殺生を連想させるものなのでおめでたい席ではタブーとされています。

太田での結婚式場のオススメです。きれいなチャペルもあります。大勢呼べる宴会場もあります。プランもいろいろです。