知っておきたい!結婚式の値引き・持ち込み交渉術

値引きしづらい項目は何?

まず、値引きできない項目としては、それを行うと、必ず式場側の費用が増加するもので、典型的な例が料理ですね。料理は一流の料理人さんが腕をふるい、材料代もかかりますから、そこの料金を値引きしてしまうと赤字が出てしまいます。また、結婚式の見積もりを見ると、会場使用料という項目がありませんよね。こうした料金は、料理の代金の中に含まれていると考えていいでしょう。式場側に適正な金額を支払うようにすることが大切ですよ。

値引きできる項目は何?

値引きしてくれやすい項目としては、使っても使わなくても式場側の費用が変わらないものがあります。典型的な例が、親族控え室や引き出物持ち込み料で、親族控え室というのは、使う・使わないに関係なく、式場側の費用は変わりませんよね。また、引き出物を持ち込んだとしても、式場側に新たな費用が発生するわけではありませんから、こうした項目は、値引きの交渉をしやすいものといえますよ。また、親族控え室にオードブルなどの軽食が用意される場合がありますが、これから結婚式でごちそうが待っているので、こういうところは削減していくといいですね。

値引き交渉をするタイミング

値引き交渉をするのにも、タイミングというものがあります。いったん手付け金などを支払ってしまうと、値引き交渉をするのはかなり難しいでしょう。手付け金を支払ってしまうと、式場側の条件を拒否する場合、手付け金を放棄しなければなりませんから、ほかの式場に変えるといったことは、なかなかできなくなってきますよ。さらに、招待客に招待状を送ってしまってからでは、どうしようもありませんよね。そこにつけこんで、追加料を請求してくることもありますから、その請求が妥当かどうかを判断して、不当に高い場合は毅然とした態度で断りましょう。

金やプラチナが埋め込まれた結婚式ティアラはレンタルが可能ですので、結婚式場に一度相談してみると良いでしょう。