子育ての強い味方!ベビーカーの選び方とは

ベビーカーの種類を知る

子育てに必要なベビーカーですが、A型、B型、バギーとそれぞれ種類があります。基本的にはA型は赤ちゃん用で、まだ上手にお座りができず、寝たままの状態で移動ができる物です。B型は首が座り、お座りが上手にできる様になった時に使用するものですがA型B型と二種類購入するのも正直無駄ですよね。そこで最近では性能の良いAB兼用のベビーカーがあるので長期間使用できてとても便利です。またバギーはちょっと大きめの乳幼児用で、軽量でコンパクトな物が多く持ち運びにも便利です。

どんなベビーカーを選べば良いのでしょうか?

ベビーカーはメーカーによって様々なメリットがあり、またデザインも豊富で選ぶのに迷ってしまいます。そこでどの様な物を選ぶと良いのでしょうか?最も基本的な事は通気性の良い物を選ぶことです。なぜなら子供は大変な汗かきで、夏場などは肌着を何度も替えなければならないほどです。そんな汗をかいて通気性が悪かったら熱中症やあせもの原因にもなってしまうので注意が必要です。また、できればまだ小さいうちは地面より高めの位置にイスがある方が良く、地面からの照り返しの熱はかなりの高温になるので気を付けなけらばなりません。

SGマークのチェックと安全性

製品安全協会によりベビーカーにも安全の基準が定められています。その基準を満たして合格している物にはSGマークが付けられます。そのマークをしっかりと確認して購入する事は勿論のこと、あまりデザインにばかり目が行って性能が良くなければ意味がありません。ベビーカーは子育ての手助けをしてくれるものであり、持ち運びが重かったり小回りが利かなくて余計なストレスを感じてしまっては意味がありません。できればお店で実際に使用してみる事が購入のポイントです。

使う期間は短いものの、必要なのがベビー用品です。賢くベビー用品のレンタルを利用することで、無駄な出費を防ぎ、使わなくなったときの処分に困ることもありません。ベビーバスは赤ちゃんのお風呂の必需品ですが、数か月で使えなくなってしまいます。ベビーカーも大型のA型の時期は少なく、B型の方が活躍するという人が多くいます。赤ちゃんはすぐに大きくなるので、ベビーベッドのレンタルの利用者も多いです。