信頼関係を築き夫婦で楽しく乗り切ろう!!

転勤族の宿命!単身赴任!

大学を卒業し、就職したての頃は転勤なんて気にせず転勤生活を楽しんでいる方多いのではないでしょうか?結婚しても奥さんが専業主婦の場合は二人で一緒に転勤地へ引越しし、また次の地へとそれなりに適応できているかと思います。しかし、子供が生まれ、小さい頃は一緒に連れて転勤をしますが、小学校、中学校になる頃には子供には子供の世界が出来、友達と離れたくない、勉強に差し支えてくるなどさまざまな支障が発生し、旦那さん一人で単身赴任になるという現状に必ずなってきます。

その時に備え夫婦関係の構築を!

旦那さんが単身赴任になるという事は、旦那さんは一人暮らし、奥さんは子供との生活と変化がでてきます。この生活、お互いの信頼関係がなければかなり無理のある生活になってしまいます。単身赴任先で旦那さんが浮気、奥さんは旦那さんの居ない隙に男の人を連れ込むなんてドラマよくありますよね。離れていても、離れたからこそお互いの大切さを認識するそんな夫婦関係を築けていれば旦那さんは仕事に打ち込むことが出来、奥さんは家庭をしっかり守り抜くことが出来るのです。

たまに会える新鮮さが大事!

単身赴任とはいっても休みが取れれば奥さんや子供に会いに帰ってきますし、奥さんが子供を連れて赴任地に遊びにいくことはもちろん可能です。その時間を大切にし、改めてお互いの事を大事に思いあうことができれば、単身赴任もいい経験になるとおもいます。離れるときに次会える日までお互いかんばろうと支えあい、励ましあいながら夫婦の絆を深めていく、そんな単身赴任ステキだと思います。「亭主元気で留守がいい」も捕らえ方によってはそんな風にとれますよね!

期間が短い単身赴任だと家具を揃えることはなかなか大変です。家具を買っても単身赴任が終わると不要になってしまうことが多いです。せっかく買った家具がムダになってしまうのはもったいないので単身赴任の時だけ家具をレンタルするといいです。単身赴任の家具はレンタルなら必要な期間だけ利用したい家具を借りられるので便利なサービスです。

続きを読む

より良い一人暮らしを!一人暮らしを楽しむコツ

一人暮らしのメリット

一人暮らしをすることは、さまざまなメリットがあります。まず食事や掃除などすべて自分でしなければいけないので、自立心が身につくと同時に家事をする癖がつくでしょう。また異性と恋愛しやすいシチュエーションにあり、いつでも家に恋人を呼ぶことができるのでまるで結婚しているような時間を過ごすことができます。そして自分自身の時間を自由に使えることも一人暮らしの魅力でしょう。好きなときに好きなことをして過ごすことができるのです。

一人暮らしにおける防犯対策

一人暮らしをするにあたって、空き巣やストーカーなどの防犯対策をすることは大切です。まず女性の場合には、ストーカーや下着泥棒などの被害に遭わないために、ベランダに男物の下着を干しておくのも良いでしょう。また物件はできるだけ駅から近い所を選ぶようにしましょう。空き巣に入られないためには、戸締りをきちんとしたり、ポストに郵便物を溜めないことも大切です。ポストの郵便物をそのままにしておくと、留守だと思われて空き巣にねらわれやすくなるので注意しましょう。

一人暮らしを楽しくするために

より楽しく充実した一人暮らしにするためには、まず住みやすい空間を作ることが大切です。部屋は収納を多くしてすっきりと片付けることで、気持ち良く過ごせるでしょう。時にはカーテンを変えたり家具を移動させるなどして模様替えをすることで、気分転換もできます。風邪のときに一人はいろいろと不便なこともありますが、いざという時にも困らないように保存食を置いておいたり風邪薬なども常備しておくと良いでしょう。また何かあったときに力になってもらえるよう、お隣の人とは日頃から気持ち良く挨拶を交わして交流しておくようにしましょう。

家具の家電のレンタルなら必要と思う物だけを簡単に揃えられるので家具に困ることがありません。レンタルをすることが出来る物はたくさんあるので使いたい物を選ぶといいです。家具や家電はいちいち購入をしなくても揃えられるのです。必要としている時だけレンタルをすればいいですしいらない物は返却をすればいいので金銭的に負担がかかりません。

続きを読む

子育ての強い味方!ベビーカーの選び方とは

ベビーカーの種類を知る

子育てに必要なベビーカーですが、A型、B型、バギーとそれぞれ種類があります。基本的にはA型は赤ちゃん用で、まだ上手にお座りができず、寝たままの状態で移動ができる物です。B型は首が座り、お座りが上手にできる様になった時に使用するものですがA型B型と二種類購入するのも正直無駄ですよね。そこで最近では性能の良いAB兼用のベビーカーがあるので長期間使用できてとても便利です。またバギーはちょっと大きめの乳幼児用で、軽量でコンパクトな物が多く持ち運びにも便利です。

どんなベビーカーを選べば良いのでしょうか?

ベビーカーはメーカーによって様々なメリットがあり、またデザインも豊富で選ぶのに迷ってしまいます。そこでどの様な物を選ぶと良いのでしょうか?最も基本的な事は通気性の良い物を選ぶことです。なぜなら子供は大変な汗かきで、夏場などは肌着を何度も替えなければならないほどです。そんな汗をかいて通気性が悪かったら熱中症やあせもの原因にもなってしまうので注意が必要です。また、できればまだ小さいうちは地面より高めの位置にイスがある方が良く、地面からの照り返しの熱はかなりの高温になるので気を付けなけらばなりません。

SGマークのチェックと安全性

製品安全協会によりベビーカーにも安全の基準が定められています。その基準を満たして合格している物にはSGマークが付けられます。そのマークをしっかりと確認して購入する事は勿論のこと、あまりデザインにばかり目が行って性能が良くなければ意味がありません。ベビーカーは子育ての手助けをしてくれるものであり、持ち運びが重かったり小回りが利かなくて余計なストレスを感じてしまっては意味がありません。できればお店で実際に使用してみる事が購入のポイントです。

使う期間は短いものの、必要なのがベビー用品です。賢くベビー用品のレンタルを利用することで、無駄な出費を防ぎ、使わなくなったときの処分に困ることもありません。ベビーバスは赤ちゃんのお風呂の必需品ですが、数か月で使えなくなってしまいます。ベビーカーも大型のA型の時期は少なく、B型の方が活躍するという人が多くいます。赤ちゃんはすぐに大きくなるので、ベビーベッドのレンタルの利用者も多いです。

続きを読む